Install theme

関東では今も終日、優先席付近の電源オフ規制が続く。「ペースメーカーを使っているお客さまの中に携帯の電波を不安に思う人がいる。見直しは考えていない」(東京メトロ広報部)。「医療機器を使っているお客さまから不安の声があり、変更は考えていない」(JR東日本広報部)など利用者の「不安」を理由に挙げる。

 しかし、総務省指針のための作業部会委員も務めた東京女子医大循環器内科の庄田守男臨床教授は「電源オフをうたうことが『携帯電話の電波は危ない』というメッセージとなり、携帯電話の電波や医療機器への正しい理解の妨げになっている」と指摘する。

携帯電話でペースメーカーの誤作動が起きた有害事例はこれまでに一件も報告されていない。庄田臨床教授は「現在の携帯電話の電波でペースメーカーの事故が起きる可能性はない」。しかし、電車で繰り返し電源オフのアナウンスが流れることもあり、「混んだ電車は怖くて乗れないと訴える患者が少なくない」としたうえで、「電源オフ規制があるのは日本だけ。ペースメーカー利用の患者さんに誤解を与えないためにも、鉄道会社は電源オフ規制を見直してほしい」と話している。

もっと見る
リアクションが268件あります
2014-09-02 15:13に投稿されました
若者のアバクロ離れの第3の理由は、ティーンの消費行動の変化です。以前ほどブランド衣料がティーンの間で、重要ではなくなったのです。スマートフォンや、そのアクセサリーに消費が向いています。10年前までは友達とお揃いのブランド衣料で仲間意識を共有していました。同じロゴ入りのシャツが好まれていたのです。が、今は友達と同じアイフォンの機種に、フェイスブックやインスタグラムで仲良しグループを形成しています。消費行動が大きく変わっていますから、アバクロ離れはまだ続きます。
もっと見る
リアクションが2件あります
2014-09-02 14:41に投稿されました
ツイッターでは世界中のファンから「ひげがあるのに女の子なのか」と反論が相次いでいる。…
 さらに「キティちゃんは英国在住」という設定に、28日になって英メディアが反応。「キティちゃんは人間で、ロンドン郊外で暮らし、小学校3年生」(英紙デーリー・メール)、「サンリオは頑固だ。ロンドン郊外のどこに住んでいるのか誰も口を割らない」(英BBC放送)と次々報じられた。
 …騒ぎを受け、スヌーピーが登場する米漫画「ピーナッツ」の公式アカウントはツイッターで「スヌーピーは犬だ」と再確認している。
もっと見る
リアクションが4件あります
2014-09-02 14:08に投稿されました

赤毛は全世界的に最も珍しい色の髪であり、スコットランドアイルランドで比較的多く見られる。アメリカ合衆国では人口の2パーセントが赤毛である。赤毛の色は鮮やかなイチゴ色から、深い赤褐色やワイン色にまで及び、主に白人の間で見られる。

赤毛は遺伝子Mc1rの突然変異によって引き起こされる劣性遺伝であると考えられている。基本的に、赤毛は明るい瞳の色と、色白の肌と関連している。赤毛は最も多量のフェオメラニンと、最も少量のユーメラニンを含んでいる。天然の赤毛は最も太い毛髪と、最も少量の毛髪を持っており、その数は平均して9万本である。

赤毛の人を指す英語にginger、ginga(ジンジャー)という呼び方があるが、これは差別的な意味合いを含んだ悪い言葉である[10]。古くからイギリス人の間には、赤毛の人に対する根強い偏見があった。赤毛の者は皮膚のメラニン色素が少ないため、一般的な白人と比べて皮膚の色が薄く顔色が青白い傾向にある。体質的に紫外線に対して過敏なため光線過敏になりやすく、顔面のそばかすや体のシミができ易い。これらの要因が元となって昔からイギリスでは、「赤毛は体質的に虚弱になりやすく、遺伝的にハンデがある」といった事実から来る差別が根付いていた。イギリスほどではないが、イギリス文化の影響を受けたアメリカやカナダでは、「赤毛のアン」の赤毛の主人公の扱いに見られるように赤毛に対する偏見が残っていたようである。現在では、reddish(レディシュ「赤味かがった」)と呼ばれる。

もっと見る
リアクションが55件あります
2014-09-02 13:35に投稿されました
一時期「何演ってもシャアを求められる」ってウンザリしてた池田さんが、「こうなったら一生シャア演ってやろうじゃねえか。 何だったら赤や金がイメージカラーのキャラも蹴らずに引き受けるぞ」って開き直って来たオファーがアイアンマンの社長って話は、いつ聞いても噴く。
もっと見る
リアクションが340件あります
2014-09-02 13:02に投稿されました

そして、24時間テレビの前日の朝。

警備員の全員が2日間の休暇を命じられました。

皆が当日の警備などはどうするのかと狼狽しました。

その事を上司に問い詰めると、警備員だけでなく、工場全体が2日間の操業停止との事。

今までずっと何十年も、元旦から大晦日まで、年中無休で操業をしていたのにテレビの為にそこまでするかと呆れました。

24時間テレビ当日、テレビを見ると、偶然、マラソンランナーが該当の工場を通過するシーンでした。

もちろん工場の名前や所在地は伏せられていました。

いつも僕がいる警備員詰め所も写りました。

そこには、知らない男性が警備員の制服を着て、ニコニコ手を降りながらランナーを応援してました。制服は我々が使うものと全く別物の制服でした。

確実にヤラセです。

詰め所に張られてる張り紙のいくつかは剥がされており、会社名が記載された掲示物などは全く無くなっていました。

もっと見る
リアクションが217件あります
2014-09-02 12:29に投稿されました
落合はバットの保管にことの他、気を遣った。ジュラルミンのケースに乾燥剤を入れて、湿気を防いでいたこともその一例といってもいいだろう。一見、豪放磊落(ごうほうらいらく)のように見える落合だが、自らの道具へのこだわりは並じゃなかった。そこにプロフェッショナルの気概が垣間見えた。
 再び担当者。「実はバットのコンディションを維持するというものも大切な技術の一つなんです。梅雨時には通常より30グラム以上、重くなってしまうこともあるくらいですから。だから梅雨時、若い人がバットを放り出したりしているのを見ると、心配になる反面、ガッカリしてしまいますね」仮に910グラムと思って振っているバットが、気づかないうちに940グラムになっていたとしたら重く感じるのは当たり前だろう。バットが水をふくんで重くなっていることなどつゆ知らず、ついフォームをいじったり、体力が落ちたと錯覚して意味のないトレーニングにすがり、余計にスランプの迷路にはまり込むことになる。この悪循環の中でもがき苦しんでいるバッターが、必ずどこのチームにも一人か二人はいるという。タイ・カップは、バットは「魔法の武器」と称えたが、一歩使い方を誤ると「自虐の武器」に覆してしまうものである。その意味では非常に厄介な存在なのだ。落合のようにまるで危険物にでも接するかのごとく丁重に取り扱ってちょうどいいのかもしれない。
もっと見る
リアクションが91件あります
2014-09-02 11:56に投稿されました
ハリウッドのスタッフも認めていますが、日本の現像はとても優秀で綺麗に現像してくれるそうです。ただ、カメラマンの要求は聞き入れてくれないようで、技術者として、自分たちの優れていると思いこんだ現像を行ってしまうそうです。これは現像という作業だけでなくおおくの日本産業に言えることですが、自分たちの技術力に固執するあまり、マーケット全体のニーズを見失う傾向があるということの一例です。
もっと見る
リアクションが480件あります
2014-09-02 11:23に投稿されました

こんなとこにボタンあったっけか?と思って不用意に押すと大体ひどい目に遭う、昔のタツノコアニメみたいなFacebook

もっと見る
リアクションが541件あります
2014-09-02 10:50に投稿されました

関係者によると、事故で死亡したカリフォルニア州高速警察の隊員であるマーク・セイラーさん(当時45)は、自分の車を整備のために販売店に預けた。セイラーさんの車はES350とは別のレクサス車だった。  

8月28日、販売店から借りて乗っていた代車は暴走。妻、娘、義理の弟とともに亡くなった。これまでの調べで、代車の運転席には、トヨタ純正だがES350用より前後がやや長い、別のレクサス車用の全天候型フロアマットが装着されていた。

asahi.com(朝日新聞社):米レクサス暴走 死亡事故車は販売店からの「代車」 - 社会

新事実が明るみに。

なんとトヨタ系販売店の代車で、フロアマットは別車種用の長いものだった。

(via tnoma)

(via otsune) (via naotake, tnoma) (via gkojay)
もっと見る
リアクションが46件あります
2014-09-02 10:17に投稿されました